• Home
  • 企業情報
  • イベント紹介

イベント紹介

食品開発展2013

 2013年の10月9~11日に開催された食品開発展に出展しました。開催期中間には、関東で最も遅い真夏日の記録を更新しました。大変暑い中、ご来場いただいたお客様には心より御礼申し上げます。

 今回の展示会は、新製品の発表の場とさせていただきました。特に、コンベアで搬送しにくい容器向けの位置決めラベラーQTL-100と、ボトルラベラーBLG800は、開発したばかりの製品を発表することができました。

 実機では、狙った位置にラベルを貼ることを共通のテーマとしました。今後、TPPで現地語表記の輸入品が増加 したときに日本語表記のラベルを貼る必要が出てくることを想定し、ボトルラベラーBLG800で、すでに貼ってあるラベルの上から正確に訂正ラベルを貼る というデモンストレーションを行いました。食品の成分表示を表記している枠より少し大きめのラベルをあらかじめ作成し、枠を覆うような形でラベルを上から 貼ることで表示内容を訂正できます。デモ用のラベルを本番さながらに作成したため、訂正ラベルを貼ってあるのか見分けがつきにくく、驚かれるお客様もい らっしゃいました。今後需要が増えるかもねというご意見に私たちも勇気をもらいました。

 ボトルラベラーBLG800や弊社のいくつかの製品では、ラベルの印字位置の再現ができるようになりました。 登録した設定を呼び出すと、ラベルへの印字位置を自動で再現できます。従来は目検討で位置合わせをしていたものです。他にもロールラベルの先頭から印字が 始まる位置までのラベルに自動で印字しながら送る機能を追加し、実際の動作を見ていただきました。ラベルを1枚も無駄にしたくないお客様には、この機能は いいねと、ご好評をいただきました。

 ご来場いただいた多くのお客様からは機械に対する意見やご感想をいただきました。それらを真摯に受け止め、これからの糧として新しい製品作りに取り組んでまいります。

 ご来場、まことにありがとうございました。

エスティーケートレーディング株式会社社員一同

 

ボトルラベラーBLG800の説明風景

ラベラーの説明を熱心に聞いてくださいました

空袋ラベラーTL105Kの説明風景

STKトレーディングのブースは白と青を基調にしました

自動ラベラーCL1280Dの説明風景

ラベラーの説明が始まるとお客様が集まります

自動機の説明を熱心に聞いてくださいました

ご来場まことにありがとうございました

バックナンバー