• Home
  • 製品紹介
  • 導入事例
  • A社(健康食品・医薬品メーカー)の場合

A社(健康食品・医薬品メーカー)の場合

 A社(受託メーカー大手)が扱う健康食品のスタンディングパウチ用のラベル貼りです。見た目で売れ行きが左右するため、お手持ちの自動ラベラーでは、ラベルの貼り品質がばらけていたため、商品価値を下げるとして、使えませんでした。そのためA社はラベル貼り作業を1枚@4.5円で外注業者に依頼していました。

 そこで当社の空袋ラベラーTL103を導入。今までラベル貼り外注費として1枚@4.5円で出していたものを、TL103を使用して社内で作業することにより1枚@2円におさえることができました。1ヶ月に2万枚のラベル貼りが発生するため、
20,000×(4.5-2)=50,000円
のコストダウンになります。年間だと60万円にもなります。さらに、外注管理に関するすべての時間を省けるようになります。社内作業なので、"欲しいときに欲しい数"、"数量や納期管理のような外注特有のわずらわしさから開放される"等の目に見えないメリットがありそうです。

 また、ラベラーの導入で2万枚以上の作業能力が出せるため、より多くの受注に対応できるようになりました。

 A社からは複数台の追加注文の予定を内示頂きました。

ラベラー導入による見えないメリット

<導入事例一覧へ戻る>