印字有無検査装置

 印字有無検査オプション付きのラベラーの出荷が増えてきています。弊社の印字有無検査装置はラベラーの専用オプションで、ラベルに印字がされているかどうかをチェックするためのシステムです。

 従来は、光ファイバーセンサーを使い、単純にラベルの印字位置に、印字の「ある/なし」を見るだけの印字有無検査オプションを用意していました。これはごく簡易的なものでした。

 印字結果を登録し、登録した印字結果と同等かまでをチェックする印字検査システムもあるのですが、それらはとても高価なものです(Aタイプ)。

 現在、出荷が増えてきているものはCCDカメラを使ったタイプなのですが、これは単純な印字の有無だけではなく、文字が抜けていないか、汚れや欠けで印字が読めない状態でないか、までを判定します(Bタイプ)。簡単に扱えることと、比較的安価なことからお客様にも大変喜ばれています。

 また、ホットプリンターINJ-Sは印字抜け防止機能が搭載されているので、これと組み合わせることで、印字抜けに対する対策がさらに高まります。

 近年、表示に対する規制は厳しくなる一方です。印字抜けのようなつまらない事故を防止するためにも、印字有無検査装置の導入を検討されるお客様は増えているようです。

ボトルラベラーBLG503に印字有無検査装置を搭載

印字有無検査装置の制御パネル部

ボトルラベラーBLG503にホットプリンターINJ-Sと、印字有無検査オプションBタイプを搭載。

制御パネルで印字有無検査の設定をします。印字有無の判定は画面上で確認できます。

<導入事例一覧へ戻る>