自動ラベラーCL1280D

自動ラベラーCL1280D

直径φ35~80mmの円筒形容器の円周上にラベルを貼るための自動ラベラーです。床面積1500×900mmの、省スペース設計です。コンベアとラベラーががっしりと一体になった、本格的な自動ラベラーです。作業設定を登録できるので呼び出して画面の数値に合わせることで簡単に段取りを再現できます。

  • 床面積1500×900mmの省スペース
  • 高精度の円周自動貼り
  • 作業設定を登録でき、素早く簡単に段取り替え可能
  • タッチパネルで設定と操作が簡単
  • 能力目安毎分約25~56個

3本ローラーで高精度なラベル貼り

3本のローラーで容器を挟み込み、容器を回転させながらラベルを貼りつける方式です。貼り合わせのずれや斜め貼りなどが起きません。3本のローラーを容器の形状に合わせることで、いろいろな容器に対応できます。

自動ラベラーCL1280Dのスペック仕様

ラベル送りスピード 通常毎分15.0メートル(条件により最大毎分23.6メートルまで変更可)
ラベル貼り付け能力 毎分約25~56枚(ラベルと容器のサイズ、オプションの搭載状況と設定内容による)
ラベル停止精度 ±0.2mm
ラベル貼り位置 容器底面より1mm以上、80mm以内(ただしラベル台紙の耳幅が1mm以内の場合)
ラベル貼り位置精度 設定位置の±0.25mm以内(容器底面からの測定)
貼り付け方式 3本のローラー間で容器を回転させながらラベルを圧着
ラベル貼り方法 円筒形丸容器への1枚貼り
応用用途として円筒形丸容器の凹部、凸部(要打ち合わせ)
ラベル 長さ20mm以上300mm以内、台紙巾20~100mm以内
ラベルサイズ ロール状セルフラベル、巻外径300mm以内、紙管内径76mm
円筒形丸容器 外径35~80mm以内
トップチェーンコンベア 幅114mm、全長1250mm
コンベアスピード 最大毎分12メートル(スピードコントローラにより0~12メートル可変)
コンベア高さ 780~880mm
流れ方向 機械正面から見て、左方向流れ(オプションで右方向に変更可能)
その他の標準機能 加算カウンター、プリセットカウンター
機械サイズ 910以内×1250×1410mm(幅×長×高)
※本体のみ
制御部 PLC弊社オリジナルプログラムを使用、外部停止信号用に入力1点を用意
オプション ホットプリンター、サーマルスタンパー、印字テープ残少検出、印字有無検査機能、ラベル残少検出機能、台紙満杯検出機能、入口規制装置、出口排出装置、ラベル抜け検出機能、ターンテーブル
動力源 AC100V 50/60Hz 415W 空気5kgf/cm2(本体のみの場合)

ラベルと容器の寸法図

さらに詳しい情報をお求めの方は…