コンベア一体型の空袋ラベラーTL-105Aタイプ

 

パウチラベラーTL-105について

 空袋(チャック付も可)やカードなど、平らな小物の上面にラベルを貼る、コンベア一体型のラベラーです。

  • ラベル貼り位置の精度±0.5mm
  • タッチパネルを通じて運転や設定、作業の登録を簡単にできる
  • 登録した作業を呼び出せば、段取りの再現を素早く簡単にできる
  • 段取り替えは工具いらずで、簡単・安全
  • 約120枚/分の高い能力(※ワークの長さ80mmでの計算値)
  • しわや気泡、斜め貼りなどが出ず、袋やラベルを無駄にしない
  • 卓上型で省スペース、AC100Vコンセントがあればどこでも運転可能、エアーコンプレッサーも不要

タッチパネルを搭載し、簡単操作

空袋ラベラーTL-105Aの操作用タッチパネル

 運転や調整の操作はタッチパネルを通して行います。通常使う運転画面でラベルの貼り位置変更ができます。

パウチラベラーTL-105の運転方法

タッチパネルから運転ボタンを押します

空体をコンベア後方よりセットします

袋が搬送され、自動でラベルを貼り付けします

①タッチパネルの「運転」ボタンを押します

②ラベルを貼るワークを、コンベアの後方からガイドに沿ってセットします

③ワークはコンベアの前方に搬送され、所定の位置にラベルが貼られます

±0.5mmの高い精度でラベル貼りを実現

ラベルの貼り付け精度は狙った位置より±0.5mm以内です

 パウチラベラーTL-105のモデルチェンジの最大のポイントは、コンベアの進行方向へのラベル貼り位置の精度が、従来の±1.0mmから±0.5mmに向上したことです。コンベア、ラベラー、センサーの一体固定化で高い再現性を得られます。

 今まで空袋のラベル貼りは精度が出ないとあきらめていた方に、ぜひご使用していただきたいラベラーです。

作業登録で段取り設定を再現できる

空体をガイドに沿ってセットします

ガイドの位置はメジャーで合わせます

 作業ごとの設定を、タッチパネルから数値で登録できます。登録した作業を呼び出し、メジャー位置に設定を合わせるだけで、素早く簡単に作業の段取りを再現 できます。コンベアガイドやラベルガイド、ラベラー巾方向移動やラベラー上下移動オプションなどの可動部にはメジャーがつき、ハンドル等で楽に位置合わせ できます。タッチパネルの操作は直感的でとても簡単なので、初めての方でもすぐに使えます。

印字オプション・印字検査オプション

 日付やロットナンバーをラベルに印字しながらラベル貼り作業ができます。ホットプリンターサーマルスタンパーを印字オプションとして選択できます。

ホットプリンターINJ-S

サーマルスタンパーTS-2055

 金属活字と印字テープを使って熱刻印するホットプリンター。しっかりと押印します。

 パソコンで編集した内容を、サーマルヘッドと印字テープで印字するサーマルスタンパー


印字検査オプション

 TL-105に印字機を装備した場合、さらに印字検査のためのカメラをオプションで取り付けられます。