多機能ホットプリンターINJ-S

 

ホットプリンターINJ-Sについて

 ホットプリンターINJ-Sは、印字テープと真ちゅう活字を使って、ラベルなどの被印字体に熱刻印をするための印字機です。小型で安全、また、印字抜けを防ぐ様々な工夫をしています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • 85℃で印字できるSDK印字テープで安全・省エネ・コストダウン
  • もしものときの印字抜けを防止するフェイルセーフ設計
  • ヒーターレディシステムを採用
  • 電源投入後、常温から3分程度で印字可能温度に到達
  • 安定した温度制御で印字品質も安定
  • 多機能な操作パネルを制御ボックス側面に配置
  • 標準活字:文字天地2mm、2.5mm、3mm、4mmから選択可能
  • カウンターとリボン残少検知機能を標準装備
  • モーターカム方式で常に印圧が安定

ホットプリンターが選ばれる理由

 多くのお客様がラベルの印字用にホットプリンターを選んでいます。

  • 金属活字で圧力をかけて刻印するので、跡が残ります
  • 熱を加えて刻印するので、跡がしっかり残ります
  • たとえ印字テープがなくても、刻印の跡は残ります
  • 印字がこすれて薄くなってしまっても、刻印の跡は残ります

 ラベルに跡が残るのはやはりホットプリンターに勝るものが無いからです。

INJ-Sで扱う真ちゅう活字

 ホットプリンターは真ちゅう製の活字を活字ホルダーにセットして印字をします。活字は天地サイズで2mm、2.5mm、3mm、4mmから選ぶことができます。活字は1列または2列を使用して、最大24mmの幅で印字できます。(標準活字で12文字×2列使えます)

真鍮活字とケース


拡大真鍮活字

消費税の印字

活字の組み方サンプル

税込、税抜を入れることもできます

真鍮活字を使っての印字

 活字の文字数は標準仕様(活字の天地2~4mm)で12文字×2行の24文字です。また、天地1.5mmの特注活字を使用すれば、20文字×2行の40文字も可能です。

 天地1.5mmの活字は陰影が粗いと視認性も悪いのですが、SDKのシャープな印字と組み合わせると、小さくてもはっきりと読み取れます。

活字の組み方 印字結果(イメージ)  
標準活字の組み方 標準活字の印字結果 標準4×2mmの台座に
天地2mmの活字のイメージ(最大24文字)
特注活字の組み方 特注活字の印字結果 特注4×1.2mmの台座に
天地1.5mmの活字のイメージ(最大40文字)